スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬場のインター王座転落から奪還の劇的フィナーレを飾ったシナリオの壮大なアングルを完全解析~馬場がココバットで沈んだ日~より一部抜粋転載

王座転落試合(6月25日)は1本目14分39秒、両者リングアウトで1-1。3本目はブラジルのココバットを喰らいマットに沈んだ。第4代のインター王座に着いたボボ・ブラジル。来日外人レスラーの頂点に立ったと言っても過言ではない。サンマルチノ、キニスキーを差し置いて何故ブラジルが選ばれたのか?  

そして2日後の6月27日、沖識名の名レフェリングの中でもベスト3に入ると言われている馬場インター奪回試合。ベテラン・プロレス記者たちもその斬新な結末に唖然とし、興奮が隠せなかった衝撃的なフィナーレで幕を閉じた。このシナリオのアイデアを沖に提供した人物とは?

馬場のインター王座転落から衝撃の奪回試合を見事な筋書きでファンに興奮を提供した裏には日テレと日プロ幹部との合同作業のサポートは欠かせないものだった。今のプロレスと決定的に違うのはこのストーリーにはベテランプロレス記者でさえトップシークレット扱いで関与できない世界であったということであろう。

これまでは相撲界と同じように八百長の証拠(メモ類)は「墓場まで持って行く」のが暗黙のルールであったが、平成の力士が携帯メールに証拠を残してしまいあっさりとゲロしたのは記憶に新しいが、同じようなことがプロレス界でも生じていたのである。力道山、馬場、猪木時代はシナリオの存在は極秘扱いでテレビ局のアナウンサーやプロレス記者たちに教えることは決してなかった。打ち合わせ中に記者たちヨソ者が近づけば話を逸らす(ケーフェイ)ことが鉄則であった。

それが平成の今はどうだろうか。シナリオ作りを放棄し安易に部外者である小僧に近いオタク記者たちに協力を仰いだり、安月給の記者たちもバイト代(安価)を欲しさに自ら団体トップに売り込み、その結果、ファンからも哄笑されるような陳腐極まりない筋書きを作り、それは例えば井上譲二(週刊ファイト)がUWFのシナリオを50万円で請け負ったと自慢タラタラと喋りまくったり、馬券代欲しさに山本隆司(週刊プロレス)のように全日のシナリオ作りに手を染め、プロレスが下手な三文芝居に成り下がりファンの不興を買ってしまい、その事がファン離れを加速させ現在のプロレス不況にまで影を落としているという事は猛省されるべきだろう。

プロレスのシナリオとして絶賛されたインター奪回試合、知られざるこの壮大なアンブルの全てを解析しここに公開する!
(簡易省略版② 有料ブログへ続きます)価格500円


スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

【馬場がココバットで沈んだ日】サンマルチノ、キニスキーではなく何故ブラジルだったのか?沖識名が絶賛されたシナリオの作成秘話〜全アングルの真相〜より一部抜粋紹介

想定外のハプニング発生で力道山が打ち立てたインター王座の19回防衛記録を易々と更新(昭和43年2月20日、相手はディック・ザ・ブルーザー)してしまった馬場に対して、「力道山と比べすっきりと白黒が付けられない引き分け試合が多く、試合内容がチャンピオンに相応しいものではない」という不満の声が力道山時代からの有力スポンサーでもあった経済界の重鎮○×の強い叱責に乗じアンチ馬場派からの批判の声も高まり、早急にインター王座転落のシナリオが練られていった。

(中略)この年(昭和43年)は6月ボボ・ブラジル(WWA)、8月ブルーノ・サンマルチノ(WWWF)、12月ジン・キニスキー(NWA)とプロレス界の現役世界チャンピオンが日本マットに登場した年でもあった。(注:AWAは交流がなく翌年に国際プロレスと提携)その背景には国際プロレスとの食うか食われるかの弱肉強食の熾烈な興行抗争があったのは言うまでもない。その事がインターのタイトルマッチ乱発を招いたのであった。

(中略)日テレ関係者が「馬場敗北」の必須条件とし日プロ幹部に伝えた「世界チャンピオン、またはそれに準ずるクラスの大物」候補にブラジルは合致したが、何故、他の2人(サンマルチノ、キニスキー)ではなくブラジルに白羽の矢が立ったのであろうか? その背景にある隠された理由とは?

(中略)予定通りブラジルのココバットでマットに沈んだ馬場(6月25日)に対し、再戦(6月27日)での劇的な奪還シーンはベテラン・プロレス記者にも興奮が隠せないほどの衝撃であった。今の「プロレスごっこ」の見透かされたシーソーゲームしか知らぬ平成ファンには想像できぬであろう。所謂プロレス新聞がカウント2.9の攻防と捲し立てる大技連発の発表会ごっこ…それはどのカードも記憶されることのないコピーのような金太郎飴試合とは真逆であったのである。

それはもう一方のマッチメーカーでブック責任者でもあった吉村道明も舌を巻いて唸るほどの出来映えであった。それほど沖識名が作ったシナリオでもベスト3に入ると高評価を得ていたが、実はこの筋書きは沖のオリジナルではなかったのである。一体、誰が? そして面従腹背でポスト馬場の野望を抱いていた猪木は?
(簡易省略版 有料ブログへ続きます) 価格500円


テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

【ボボ・ブラジルのココバットで馬場がマットに沈んだ日】何故ブラジルであったのか?初めて語られる衝撃だったシナリオの作成秘話~全アングルの真相

国際プロレスとの興行戦争の切り札として乱発したインターのタイトルマッチ。力道山が樹立したインター王座の防衛記録19回を想定外のハプニングで易々と更新してしまった馬場に対してアンチ馬場派からの批判が強さを増し、王座転落が幹部会で大きな議題となっていた。その批判の先鋒には経済界の重鎮であり大スポンサーでもあった○×の意向も大きく影響していたようである。

この年(昭和43年)は6月ボボ・ブラジル(WWA)、8月ブルーノ・サンマルチノ(WWWF)、12月ジン・キニスキー(NWA)というプロレス界の現役世界チャンピオン3人が参戦するという画期的な年であった。この中で「馬場インター王座転落」の主役として選ばれたのがボボ・ブラジルであった。

何故ブラジルだったのか? 沖識名が組み立てた生涯の中でもベストスリーと語る「衝撃のシナリオ」はどのようにして誕生したのか? その真相に迫る!
(簡易省略版。有料ブログへ続きます) 価格500円


続きはブロマガを購入して楽しもう!
このコンテンツはブロマガ(有料)です。
購入すると続きをお楽しみいただけます。
ブロマガって何?
ブロマガ

紹介文:門茂男主宰のユニオン元会員で、同氏には長年に渡りご交誼を賜った。ライフワークであった「ザ・プロレス365」の未発表を含む取材メモを見せて頂き、その要点を再構成した「門茂男メモ」と数名のプロレス記者から入手した情報をベースに記した昭和プロレスのテーマに迫ります。
ミスター高橋の「流血~」本で白日の下に暴かれたプロレスの実像ですが、単なる暴露もので終わるのではなく、門氏が追及したレスラーの人間性にまで同じように迫りたいという思いです。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

シンタロー

Author:シンタロー
プロレスのテレビ初観戦は小学生前の幼少期に祖父宅で見た力道山プロレス。その当時、一番印象に残っている試合は降参しないと足が折れると技の恐ろしさを足4の字固めで教えてくれたザ・デストロイヤーや、吸血鬼を連想させる噛みつきで相手を出血させるレスラーの怖さを知らしめたフレッド・ブラッシーよりも、幼心にはコミカルな妙技で笑い転げたミゼット・レスラーとのタッグマッチであった。それは祖母が馳走してくれた三ツ矢サイダーの味と共に脳裏に刻まれている。放送日の詳しいことは不明だが、昭和35年8月にミゼット・レスラー(名前は不詳)初来日の記録がある。テレビ観戦がその時期のどの試合であったかは今となっては調べようもないのが残念である。
一般総合雑誌・書籍編集者として多数のプロレスや格闘技関係の企画立案に参画し、馬場、猪木、大山倍達、木村政彦を始め多くのレスラーや格闘家を取材。プロレス界のご意見番・門茂男氏とは編集ジャーナリストの大先輩として長年に渡り公私ともども御交誼を賜った。お会いする度に未整理、未発表の「ザ・プロレス365」のラフ原稿を見せて頂き、同時に門氏が口頭で語った様々なある事件の真相や噂(裏付けが未確認)を氏の了解を得てノートにまとめ「門メモ」として所有する元ユニオン会員。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1675位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
102位
アクセスランキングを見る>>
ブロマガ購読者向けメールフォーム
FC2アフィリエイト
国内格安航空券サイトe航空券.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。