スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【「力道山vsルー・テーズ戦」の沖縄ドサ回り「セメント・マッチ」に秘められたプロレスの深奥~公式記録の誤記に隠された深層を検証】

ルー・テーズが昭和32年10月に来日し、7日東京・後楽園球場、13日大阪・扇町プール特設リングでNWA世界タイトルマッチを開催したことは別項で詳しく述べた。この後に行われた地方巡業、15日=福岡スポーツセンター、16日=広島市民球場、17日=神戸王子体育館、19日=名古屋市振甫特設リング 、21日=仙台市評定河原球場特設リングの後、沖縄那覇市(バスターミナル特設リング)に移動し2試合に出場した。

以下がその公式記録として残っている。だが真相は全く異なっていたのである。この当時、沖縄は米軍統治下にあり、本土の日本人はパスポートが必要であった。観衆は沖縄在住の者が大半であったが、基地関係者も目に付いたはずである。なにしろアメリカ兵にとっては久方振りに見る祖国の英雄ルー・テーズを生で見るチャンスであったのである。

【誤記された力道山&ルー・テーズ戦の公式記録】
10月24日  沖縄・那覇市久茂地特設リング 観衆1万3千人
▽?分3本勝負
▲L.テーズ、D.プレッチェス(1-1)力道山、豊登▲
1.○テーズ(フォール、タイム不明)豊登●バックドロップ。
2.●プレッチェス(フォール、タイム不明)力道山○空手チョップ。
3.(両者カウントアウト、タイム不明)

10月25日  沖縄・那覇市久茂地特設リング 観衆1万5千人
▽?分3本勝負
▲L.テーズ(1-1)力道山▲
1.テーズ(体固め、15分)
2.力道山(体固め、25分)
3.(両者カウントアウト、タイム不明)

先ずは試合から数年を経た後に語った力道山のコメントを掲載する(以下の証言は門茂男著「ザ・プロレス365」と「門メモ」より引用)。何より驚愕するのが未来を予言し、それがモノの見事に的中させている先見の明に脱帽せざるを得ないところであろう。

「何年か? 何十年経った時、力道、豊登組が沖縄本島でテーズ、プレッチェス組と闘い1対1で勝負つかずの引き分けだったという記録を見た時、100%の人は日本組の1本はこのわしが外人チームのヘルパーのプレッチェスをやっつけて取ったもので、失った1本はわしの助っ人役の豊(登)がテーズにKOされたものと思うだろうが、あの時のテーズはそんなものではなかった!」

そしていよいよ話は核心に触れてくる。
「タイトルマッチ、ノンタイトルマッチと一度とて決着を見せなかった那覇の大会の初日、テーズは豊登に1本取られた。取られたというより、わしには豊登に取らせてやったとしか見えなかったが…。とにかく、あの試合であげた1本はわしではなく豊(登)よ! そして1本取られたのも豊(登)だった。

豊(登)をやっつけた相手は誰だと君は聞くのか? 豊(登)がテーズから1本取り、そして1本取り返されたのでは、彼が日本チームのエース役になってしまうではないか? お前さん(筆者注=門氏のこと)は何年、プロレスの試合を見ているんだ!」

不機嫌さを顔に出した力道山だったが、その機嫌が直った後に語ったところによると、2本目で豊登を倒しフォールを奪ったのはダニー・プレッチェスであったと証言している。つまり冒頭に掲載した公式記録に残っているデータは真逆であることが理解できよう。沖縄決戦の試合は2試合(タッグとシングル)とも61分3本勝負であったこと。1試合目1本目はテーズが豊登に勝ったのではなく負けたこと。

2本目はプレッチェスが力道山に負けたのではなく豊登に勝ったこと。ここでイーブンの1-1である。決勝の3本目は両者カウントアウト、時間不明とあるが実際はフルタイムの引き分けであったことが語られている。テーズの最終戦でもあった2試合目のシングル戦も同じく1-1の後の3本目は時間切れのドローで終わったのである。

上記の(誤記された)公式記録を思い浮かべながら耳を傾けて欲しい。次に証言するのは今回の沖縄2試合のレフェリーを務めた沖識名の発言である。要点をまとめ箇条書きに整理してお伝えする。最初は沖が聞き出したテーズのプロレス哲学を織り交ぜながら滔々と語っている。

「タッグ形式はシングルとは違い見せる要素の強い形式。コンデション、オフェンス(攻撃)が良くて絶妙のタイミングでフォールに持ち込んで来たらウィンナーとしてのチャンスを与える。それがこの日の豊登であった。力道山とでは意地の張り合いとなり、セメントに発展して決着を付けなければならなくなる。

それはシングルマッチでの試合運びだ。フォールされる態勢のテーズは自分(沖識名)にクイック!、クイック!と叫びカウントを促した。ワシ(沖)はその指示に従い躊躇うことなく3カウントし豊登の勝利を宣言した。テーズも助っ人としての豊登を評価していたので素直にフォールを許した」という主旨の発言であった。

では2本目はどうしてテーズが本領発揮して豊登を沈めなかったのか? 世界チャンプとしてのプライドが許さないはずではないか? という門氏の疑問に答えるように沖識名が持論の推察を語る。

「プレッチェスは世界戦(テーズvs力道山)を捌いたレフェリーでもあったのを覚えているだろう。テーズはあの時の公平にフルタイム仕切った(プレッチェスの)レフェリングを讃えていたのは知っているか? そのことに応えたかったのだと思う。1本目を(テーズが)豊登から取られ、2本目を(テーズが)豊登から取り返せば、3本目はプレッチェスが力道山に沈められるしか手が無くなる。お客さんもそれしか納得しない流れになってしまう。

しかし、2本目でプレッチェスが豊登を負かせば、間接的ではあるがテーズ<豊登<プレッチェスという図式がその瞬間に成り立ち、プレッチェスは世界チャンピオンのテーズより強いということになり、プレッチェスは大いに自尊心が誇れたのだと思う。

この流れを最後までキープするためには、決勝の3本目はプレッチェスが負けることもテーズが勝つことも許されない。プレッチェスは何度かアップアップの時にテーズが絶妙のタイミングで助けに入り、フォールから救い敗戦を免れた。テーズ本人も豊登を仕留めるチャンスが何度かあったが、敢えてしなかった。テーズは縁の下の力持ちとして陰から試合をコントロールしていたわけだ。それで両者タイムアップの時間切れドローになったというのが真相だったと思う。

最終戦となるこの日、力道山vsテーズのシングルではあったがノンタイトルのオープン試合であるにも関わらず、1-1の後の決勝の3本目は両者の攻防は死闘そのもの。所謂、強い方が勝つという試合に流れこんでいった。昨夜はタッグながら1本勝ち逃げした豊登の前で盟主・力道山のプライドからして敗北は絶対に許されることではなかった。

一方のテーズにしても世界チャンピオンの意地から、こちらも負けることは許されざることであった。米国統治領でアメリカ兵も多数観戦しているという意識も多分にあったはずである。意地と面子が互角に正面からぶつかり合い、必然的に勝者未定、強い方が勝つセメントマッチに発展、結果、昨夜に続き時間切れのドローマッチに終わるという激闘になったわけだ…」

今のプロレスと比較しても詮ないことであるが、テレビ放映もない地方巡業のドサ回り興行(消化試合)で2試合連続の60分フルタイムのドローマッチなどが行われるであろうか? (しかも決勝の3本目はセメントマッチ!)それだけではない、ノンタイトル戦とはいえ力道山はシングルでテーズと6度に渡って対戦しているのである(沖縄の1試合だけが例外のタッグ戦)。

タイトルマッチ2試合を含めれば都合8試合である! これも今のプロレス興行では考えられないカード編成であろう。改めてプロレスの深い闇の奥底でひっそりと息づく深奥の一端を垣間見た思いであった――。




スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

ブロマガ

紹介文:門茂男主宰のユニオン元会員で、同氏には長年に渡りご交誼を賜った。ライフワークであった「ザ・プロレス365」の未発表を含む取材メモを見せて頂き、その要点を再構成した「門茂男メモ」と数名のプロレス記者から入手した情報をベースに記した昭和プロレスのテーマに迫ります。
ミスター高橋の「流血~」本で白日の下に暴かれたプロレスの実像ですが、単なる暴露もので終わるのではなく、門氏が追及したレスラーの人間性にまで同じように迫りたいという思いです。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

シンタロー

Author:シンタロー
プロレスのテレビ初観戦は小学生前の幼少期に祖父宅で見た力道山プロレス。その当時、一番印象に残っている試合は降参しないと足が折れると技の恐ろしさを足4の字固めで教えてくれたザ・デストロイヤーや、吸血鬼を連想させる噛みつきで相手を出血させるレスラーの怖さを知らしめたフレッド・ブラッシーよりも、幼心にはコミカルな妙技で笑い転げたミゼット・レスラーとのタッグマッチであった。それは祖母が馳走してくれた三ツ矢サイダーの味と共に脳裏に刻まれている。放送日の詳しいことは不明だが、昭和35年8月にミゼット・レスラー(名前は不詳)初来日の記録がある。テレビ観戦がその時期のどの試合であったかは今となっては調べようもないのが残念である。
一般総合雑誌・書籍編集者として多数のプロレスや格闘技関係の企画立案に参画し、馬場、猪木、大山倍達、木村政彦を始め多くのレスラーや格闘家を取材。プロレス界のご意見番・門茂男氏とは編集ジャーナリストの大先輩として長年に渡り公私ともども御交誼を賜った。お会いする度に未整理、未発表の「ザ・プロレス365」のラフ原稿を見せて頂き、同時に門氏が口頭で語った様々なある事件の真相や噂(裏付けが未確認)を氏の了解を得てノートにまとめ「門メモ」として所有する元ユニオン会員。

カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1675位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
102位
アクセスランキングを見る>>
ブロマガ購読者向けメールフォーム
FC2アフィリエイト
国内格安航空券サイトe航空券.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。