FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低迷するプロレス界の復興策は「セメント復活」と「八百長のカミングアウト」である(最終論考・前編)

今年は大相撲で八百長問題が起き、初めて相撲協会側がその存在を認め処分も成されたエポックメイキング的象徴の年であった。これまでは頑強に否定していたものが携帯メールという文明の利器によって白日の下に曝された。加えてNHKでは「BEYOND THE MAT」のアジア版とも言える「ネパールの八百長シナリオ・プロレス」が放送され、ファンの関心を集めた。

改めて2011年を「プロレス八百長元年」と記すべきであろうと思う。低迷する日本のプロレス界を再び隆盛させるにはこれまでの膿みを絞り出しWWEのように公式に「八百長をカミングアウト」し緊張感を孕んだ「セメント試合の復活」を提言したい。個人的には元レスラーや興行関係者、元ユニオン会員数名と話す機会があり、そうした声を聞いた上での結論であることも附記しておく。

「プロレス八百長論」を否定する今の若いファンの姿は昔だと週刊ファイトを愛読するオタクファンというイメージか。暴露本好きで半可通気取り、ミスター高橋本はバイブル的存在である。そうした書物から仕入れた知識を自慢気に披露したがる傾向も共通した性癖である。

「アングル」や「ギミック」といった2000年に公開されたプロレスの裏側を追ったドキュメンタリー映画「BEYOND THE MAT」で紹介された英語の隠語をやたらと使いたがる指向も同じだ。「仕掛け」「筋書き」「台本」「脚色」「打ち合わせ」「ヤラセ」「インチキ」「手口」「合図」「指示」「口裏合わせ」と前後の文脈で細かく分かれる語彙豊富で適切な日本語があるのに、やたらと新しい隠語を使いたがるところは微笑ましい部分もあるが、半可通を気取る背伸びが痛い。筆者もアイロニカル的に使用しているが、面映ゆい感覚を覚える。昭和のプロレスファンが違和感なく使用できるのは「シナリオ」までではないか?

プロレスはショーと認めるが全てが1から10まで筋書きがあるわけではなく勝敗は全て事前に決まっているわけではないと主張する。勝敗が決まってないなら、それは真剣勝負かと問えばそれも積極的には肯定できない、というより全てを八百長とは心情的に認めたくないタイプが多いようだ。

この論はセメントが存在していた昭和プロレスには成り立つ部分があったのは確かである。真剣勝負の凄みは他の格闘競技以上に位置するものであった。この魅力に嵌ったプロレスファンは多い。しかし、そうしたセメントの香りすら悪臭と見なし排除し漂白された平成の学芸会プロレスにはその一片のカケラも無くなったのは残念である。だからであろう、平成のファンは八百長の中から一筋の鉱脈を探すのに必死のようである。

「BEYOND THE MAT」でプロレスの見方に影響を受けたようで大方が以下のよう集約される。「プロレスはショーだけど攻撃で受ける肉体ダメージはシリアス。その痛みは真実である。それは一種の芸術である」といった類である。WWEも認めるように勝敗は事前に決まっており、そのフォールする最終ゴール地点までの起承転結、波瀾万丈のストーリー展開を楽しむエンターテイメントがプロレスの正体である。

ただ日本のプロレス界は各団体とも公式には八百長ショーとは認めない立場を取っている。米国と日本とは違うとファンを誤魔化しているのが現状である。株式上場できないマイナー競技といった面が逆に隠れ簑となり、八百長を隠蔽、ファンの寛大さに甘えている面もある。力道山時代にプロレスは八百長とマスコミは結論付けたが、そのことに触れずにショーの楽しさを全面に出そうという商魂最優先だ。

プロレスは八百長ショーという万人が認めるスタンスを無視しエンターテイメント性の長所のみを強調する各団体の思惑は嫌らしいし、下衆の考えだ。相撲だと八百長は厳しく糾弾され社会的制裁を受けた。スポーツである以上、当然の帰結である。だがプロレスは最初からスポーツを放棄したショーである。ショーであることは全てが事前に決まっていることを意味する。しかしプロレスはこの部分を曖昧にしスポーツ性を含んだショーという底の浅い我田引水のロジックに擦り寄る。プロレスだから八百長は当たり前と声を上げる者がいない、こうした寛容な取り巻く環境が結局、プロレスを衰退させてしまったのは残念である。

プロレスはセル(負け役)とバンプ(受け身)で成り立っていると、これまた馴染みの薄い隠語を使いエンターテイメントの素晴らしさを強調する。ショーではあるが八百長ではないと既に破綻しているロジックを用いることが限界を露呈していることに気づいていないのが致命的である。

コール(合図)が無い試合がありフィニッシュを知らないでリングに上がる試合もある、これこそが八百長否定の根拠になっているようである。この場合の勝者は格上者という法則を無視している。これを世間では片八百長と言うのである。そのような試合は力道山時代から続くもので賞賛するほどのものではない。それなりのトップレスラーの地位を保つレスラーにとって不必要、昨日今日入門したての新米とは違うわけで、驚くほどのことではない。

力道山プロレスにはそうした試合が多かった。筋書き(ブック)も後に証拠として残さぬようにメモの類は厳禁で沖識名の合図だけで試合を作ることが珍しくなかったのである。携帯メールなど言語道断である。無論、勝ち役だけは事前に決めていたわけである。

プロレスが完全な予定調和で収斂される証左にルールとギャラの問題が根幹で通底しており、それを避けては通れない。5カウント以内なら反則行為は許されるというモンキービジネス特有の八百長ルールの存在。

建前の正論で言えばブッチャーのように凶器のフォークででメン玉を抉ることも金的を狙い不具者にすることも5カウント以内ならルール上はOKのはずである。それが本来の妥協のないセメント勝負の非情さ惨さである。凶器使用云々は半ば冗談としても、格闘競技において鍛えようのない、あるいは限界のある人間の急所を相手よりも早く攻撃し致命的ダメージを与えることが勝負の在り方であり、格闘技の原点である。

もう一点は勝者になることでビッグマネーを手中に収めることが成立するルールが適用されない世界(プロレス)ということである。死とも直面し、場合によっては大怪我や再起不能のリスクに見合う金銭的裏付けのない仕事にセメントを仕掛ける意義が見出せないのは人間の正常な感情である。

分かり易く二項対立的に言えば1万円の日当ギャラで不具や片輪の危険が伴う真剣勝負はできぬということだ。だがギャラが1億円であったらどうか? 逡巡し損得の胸算用をする。巨額の報酬が保証されればリスクは覚悟の上と、算盤を弾き真剣勝負を挑む者がいるに違いない。先輩後輩の序列も無視でリングに立つであろう。

それがプロの矜持というものである。このようにセメント勝負とは必ずその背景には、その危険の代償としての報酬(ビッグマネー)が用意されていなければ成立はしないことが理解できるはずである。勝者にはボーナス配当も給付されれば下克上、格付け序列無視の腕自慢達が名乗りを挙げるのは必至であろう。

しかるにプロレスはエンターテイメントのショー世界である。勝つことがビッグマネーに繋がるワケではない。勝つことが意味を成さぬ世界では全てが半可通気取りが好んで使う隠語、ただのジョブでしかないのである。セメント真剣勝負を行なう意義も環境も成立し得ない世界ではただの砂上の楼閣、ただの机上の妄想ごっこでしかない。

アングル、コール、セルが不要のレスラー(試合)は多いがそのことがイコール出来試合でないと錯覚してしまう所がこの手の妄想ファンが陥る陥穽である。それは難しいことではない。道場での日々の練習、日本人同士ならコミュニケーションの意思疎通も細かくできる。平成プロレスの名勝負の必須条件とも言われるハイスパートもタネを明かせば単純である。そして―。
(この稿、次回に続く)

スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

ブロマガ

紹介文:門茂男主宰のユニオン元会員で、同氏には長年に渡りご交誼を賜った。ライフワークであった「ザ・プロレス365」の未発表を含む取材メモを見せて頂き、その要点を再構成した「門茂男メモ」と数名のプロレス記者から入手した情報をベースに記した昭和プロレスのテーマに迫ります。
ミスター高橋の「流血~」本で白日の下に暴かれたプロレスの実像ですが、単なる暴露もので終わるのではなく、門氏が追及したレスラーの人間性にまで同じように迫りたいという思いです。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

シンタロー

Author:シンタロー
プロレスのテレビ初観戦は小学生前の幼少期に祖父宅で見た力道山プロレス。その当時、一番印象に残っている試合は降参しないと足が折れると技の恐ろしさを足4の字固めで教えてくれたザ・デストロイヤーや、吸血鬼を連想させる噛みつきで相手を出血させるレスラーの怖さを知らしめたフレッド・ブラッシーよりも、幼心にはコミカルな妙技で笑い転げたミゼット・レスラーとのタッグマッチであった。それは祖母が馳走してくれた三ツ矢サイダーの味と共に脳裏に刻まれている。放送日の詳しいことは不明だが、昭和35年8月にミゼット・レスラー(名前は不詳)初来日の記録がある。テレビ観戦がその時期のどの試合であったかは今となっては調べようもないのが残念である。
一般総合雑誌・書籍編集者として多数のプロレスや格闘技関係の企画立案に参画し、馬場、猪木、大山倍達、木村政彦を始め多くのレスラーや格闘家を取材。プロレス界のご意見番・門茂男氏とは編集ジャーナリストの大先輩として長年に渡り公私ともども御交誼を賜った。お会いする度に未整理、未発表の「ザ・プロレス365」のラフ原稿を見せて頂き、同時に門氏が口頭で語った様々なある事件の真相や噂(裏付けが未確認)を氏の了解を得てノートにまとめ「門メモ」として所有する元ユニオン会員。

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1657位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
110位
アクセスランキングを見る>>
ブロマガ購読者向けメールフォーム
FC2アフィリエイト
国内格安航空券サイトe航空券.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。