スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディック・ザ・ブルーザーが血の海に沈める筋書きに馬場も大流血覚悟でマットに上がったが前代未聞のハプニングが起こり沖識名も右往左往の狼狽!〜インター王座防衛記録より一部抜粋転載

国際プロレスを潰すために練られた策には3つのプランがあった。(中略)その興行戦争の切り札が○×であったわけである。(中略)大スポンサー○×の強い意向もあり次期シリーズに参戦する黒い魔神、ボボ・ブラジル相手に王座転落が決まったものの、易々と馬場が力道山を超える防衛記録更新することは幹部連中にも躊躇いがあった。

そこでアンチ馬場派の批判も考慮して妥協案として考えられたシナリオが沖識名が考案した「血ダルマ反則勝ち防衛」であった。

だがこの筋書きも実際の試合では1本目ブルーザーが8分20秒、逆エビ固め。2本目3分58秒、リングアウトで馬場。ハプニングが発生しシナリオが狂った問題の3本目が2分59秒、片エビ固めで馬場の2-1で完全勝利という大流血もない想定外の結末で終わったのである。

観客は当然のこと、当事者である馬場やブルーザーにとっても消化不良のタイトルマッチであった。シナリオ破綻はどうして起きたのか? 馬場の血ダルマ姿を期待していた嫌馬場派のトルコや猪木にしてもタブーの「シナリオ破り」が○×…、猪木は地団駄を踏んで悔しがるしかなかった——。
(簡易省略版② 有料ブログへ続きます) 価格500円

スポンサーサイト

テーマ : プロレス
ジャンル : スポーツ

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

No title

シンタロー様

毎回記事を楽しみにしている者ですが、
毎月値段が上がっていますがこれからも
上がり続けるのでしょうか?

何故有料

高過ぎます。この金額分の価値があるのかどうか、2~3話公開してみては?

Re: No title

ご精読ありがとうございます。
当ブログを有料化に踏み切った理由はいくつかあります。
その一つは著作権の保護という観点からでした。
現時点でもシステム上、プロテクトできませんが有料化ということで安易な無断使用(盗用)には
一定の防波堤、歯止めの効果があると考えています。

有料化ということで執筆後に明らかになった新真実や誤謬は随時修正補足しています。
基本データは門茂男氏の一連の著作物と個人的に同氏から伺った話(未確認も含む)、
それに関連する周辺の事実関係をベテラン・プロレス記者(現&元)、関係者から聞き込んだ話、
元ユニオン会員、それに最近では資料用(データ確認)に数十冊のプロレス関連書籍を購入し
それらを検証しながら構成しています。

ただ、これは仕方ないことでしょうが、竹内宏介氏も亡くなり昭和の裏面史を知る記者が
ほとんどいなくなってしまいました。近年の暴露本にはそうした記述も少なく内容が浅いものが大半で
参考になるものがほとんど無いというのが率直な感想です。

Re: 何故有料

小生の考えは上記の方への返信をご覧下さい。
追記するならブログ読者の方は様々な考え方を持っています。
記事の内容がつまらないと批判する方、面白かったと評価して下さる方、
有料なら読まない…選択権は読者の側にあります。

今後ともなるべく多くの方の支持が得られるような題材に
スポットを当て取り組んでいきたいと考えています。
ブロマガ

紹介文:門茂男主宰のユニオン元会員で、同氏には長年に渡りご交誼を賜った。ライフワークであった「ザ・プロレス365」の未発表を含む取材メモを見せて頂き、その要点を再構成した「門茂男メモ」と数名のプロレス記者から入手した情報をベースに記した昭和プロレスのテーマに迫ります。
ミスター高橋の「流血~」本で白日の下に暴かれたプロレスの実像ですが、単なる暴露もので終わるのではなく、門氏が追及したレスラーの人間性にまで同じように迫りたいという思いです。

ブロマガ記事一覧

購入したコンテンツは、期限なしに閲覧いただけます。

プロフィール

シンタロー

Author:シンタロー
プロレスのテレビ初観戦は小学生前の幼少期に祖父宅で見た力道山プロレス。その当時、一番印象に残っている試合は降参しないと足が折れると技の恐ろしさを足4の字固めで教えてくれたザ・デストロイヤーや、吸血鬼を連想させる噛みつきで相手を出血させるレスラーの怖さを知らしめたフレッド・ブラッシーよりも、幼心にはコミカルな妙技で笑い転げたミゼット・レスラーとのタッグマッチであった。それは祖母が馳走してくれた三ツ矢サイダーの味と共に脳裏に刻まれている。放送日の詳しいことは不明だが、昭和35年8月にミゼット・レスラー(名前は不詳)初来日の記録がある。テレビ観戦がその時期のどの試合であったかは今となっては調べようもないのが残念である。
一般総合雑誌・書籍編集者として多数のプロレスや格闘技関係の企画立案に参画し、馬場、猪木、大山倍達、木村政彦を始め多くのレスラーや格闘家を取材。プロレス界のご意見番・門茂男氏とは編集ジャーナリストの大先輩として長年に渡り公私ともども御交誼を賜った。お会いする度に未整理、未発表の「ザ・プロレス365」のラフ原稿を見せて頂き、同時に門氏が口頭で語った様々なある事件の真相や噂(裏付けが未確認)を氏の了解を得てノートにまとめ「門メモ」として所有する元ユニオン会員。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
1290位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
格闘技
77位
アクセスランキングを見る>>
ブロマガ購読者向けメールフォーム
FC2アフィリエイト
国内格安航空券サイトe航空券.com
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。